那覇商工会議所トップページ > 

創業について 基礎知識3 資金計画

那覇商工会議所

〒900-0033
沖縄県那覇市久米
2丁目2番10号
TEL:(098) 868-3758(代)
FAX:(098) 866-9834

 創業について 基礎知識3 資金計画

基礎知識3 資金計画

 開業にあたっては、資金がいくら必要で、それをどう調達するかを検討しなければなりません。これを資金計画といいます。
 開業に必要なすべての資金と、その調達方法について下の表を参考にまとめてみましょう。


 
必要な資金              金額          調達の方法                           金額

店舗、工場など
(保証金、敷金などを含みます)
(内訳)                   万円        国民金融公庫(環境衛生金融公庫)からの借入       万円

自己資金                   万円



機械、備品、車両など
(内訳)                   万円        その他からの借入(内訳、返済方法)             万円

商品仕入、経費支払資金などの運転資金
(内訳)                   万円

合  計                   万円        合  計                              万円

※各合計は一致させてください

~自己資金の目安~

  新たに事業を始める場合、「自己資金はどれくらいあればよいか」という問題があります。国民金融公庫総合研究所の「新規開業実態調査」によると、平成6年度では、金融機関からの借入金が60%、自己資金が23%、その他が17%となっています。その他には親、兄弟などからの出資、あるいは無期限無利息の借入金などが多く含まれていますから、 40%は自己資金などで調達していることになります。
 事業が軌道に乗り資金繰りが安定するまでにはどうしても時間がかかります。借入の返済や予想外の出費で資金繰りが苦しくなるなど、さまざまな問題が起こります。
 このようなことから万一の時に備えて、数ヶ月分の経費相当分は取っておくなど、ゆとりを持った開業資金計画をたてることが大切です。

Copyright(C)2009 NAHA Chamber of Commerce & Industry